Wifi利用には通信回線業者との契約も必要

Wifiを自宅で利用するためにルーターを設置すると、機器同士が相互につながるだけではなく機器からインターネットが利用できるようになります。


ルーターにはインターネット接続機能があり、Wifi機器はルーターのアクセスポイントを介してインターネットを楽しむことができます。


アクセスポイント機能は機器同士がデータのやり取りを行えるようにするもので、インターネットを利用するときにはインターネット接続回線が必要になってきます。
インターネットを利用するためには、インターネットサービスプロバイダと呼ばれるインターネットに接続するサービスを提供する業者と、契約を結ぶ必要があります。またその業者との接続に使う通信回線を、NTTなどの通信事業者と契約します。
通常インターネットサービスプロバイダーと契約をするときに、同時に申し込みをすることが可能になっています。契約が済むと回線終端装置または、通信回線を契約した場合にはケーブルモデムと呼ばれる機器が設置されます。

Wifiの回線を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

これらの機器は電話の設置に利用されるモジュラージャックに相当するもので、Wifiルーターとの接続口を提供します。



終端装置は通信回線を契約した場合に設置することになります。

CATV業者のインターネット接続サービスを契約すると、ケーブルモデムが設置されることになります。



機器同士すべてが繋がるというわけではなく、Wifiというロゴが付いている機器同士が簡単に繋がります。