自宅で無線LAN環境を整える方法とは

多くの家庭では、インターネットに接続をするために光回線を設置しています。

光回線を設置すると、LANケーブル用のルーター機器を無料で利用することができます。ただし自宅で無線LAN(Wi-Fi)を利用する場合には、Wi-Fi専用のルーターを設置しなければなりません。そのためには、追加料金を支払って機器をレンタルするか自分で機器を購入して設置する必要があります。

ほとんどのプロバイダは有料オプションで無線LAN用のWi-Fiルーターのレンタルサービスを行っているので、自宅内で無線LANを利用することが可能です。ただし機器をレンタルする場合には、月額200~500円の追加料金が必要です。毎月500円のレンタル料を支払うと仮定すると2年間で1万2千円の費用がかかるので、自宅用に無線LAN用の機器を購入して設置した方が少ない費用で済みます。Wi-Fiルーターの機器は、家電量販店などで購入することができます。

自分でWi-Fiルーターを設置する方法ですが、入力側の端子にLANケーブルを接続します。本体のスイッチを「ブリッジモード」に切り替えることでローカルネットの内の各端末にIPアドレスを割り振るルーター機能を無効にして、無線LANの送受信機とスイッチングハブして利用することができます。モバイル機器でWi-Fi接続を行う場合には、電波を受信したらルーターに設定されているパスワードを入力して設定をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *