無線LANを自宅で使うメリット

無線LANを自宅で使うメリットは、有線LANと比較すると非常にわかりやすいです。

有線の場合は、通信速度などが早くなるメリットもありますが、反対にデメリットとなる要素もいくつか含んでいます。例えば有線LANの場合は、ルーターと接続機器をLANケーブルで接続しますのでケーブルはネットに接続された各装置に準備する必要があります。この場合、ケーブルは部屋の床の周りを走りまわりますので部屋の中は若干乱雑に見えます。

しかし、無線LANはケーブルが必要ないので部屋の美しさの面でも大きなメリットが存在するわけです。また、無線LANは複数のPCをネットに同時に接続することができますし、パーソナルコンピュータに加えてワイヤレスLANに接続できるデバイスには、プリンタやゲームなどもあります。通信機能を備えている場合は任意のタイプの無線LANに接続できますので、デスクトップパソコンなどの一つのデバイスにこだわる必要性がありません。

もちろん、有線LANもハブがある場合は、複数のデバイスを同時に接続することができますが、有線LANの場合はHUBのポート数が上限であるためより多くのデバイスを接続するために多数のHUBを用意する必要があります。自宅で用意すると余計なコストが大きくなってしまいがちになり、初期費用がかさんでしまうケースも目立ちます。事実、自宅で有線を使う場合には工事が必要で無線は必要ありません。これらの点からも、自宅で無線LANを使うメリットは多いことがわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *