無線LANを利用する時は料金に拘ることが大切

無線LANは有線ケーブルを必要とせず、PCなどの端末が電波を受信することでインターネット接続を行うことが可能です。

最新のPCでは無線LAN対応の機種も増えているため、子機などを取り付けなくても自由に接続できる内蔵タイプのものが存在します。現在は無線LANを利用する上では、専用のWifiルーターを所有すると良いですが、その利用にはプランを選択する必要があり月額での料金がかかります。家庭などでもフレッツ光を始め、コラボ光などのプロバイダサービスを利用していることも多いですが、その料金とほとんど変わりもなく使うことができます。

無線LANの料金を拘る上では、まず自分の一ヶ月のインターネットの使われ方を計算してみる必要があります。例えば一日数回のサイトの閲覧やメールなどの送受信だけで使われる程度なら、通信制限があるプランの方が安く済ませることができます。もちろん通信制限があっても一時的な制限だけで、速度は遅くとも必要に応じてネット接続を行うことが可能です。

定額制になっていますので、それ以上の料金もかかることはありません。しかし無線LANで動画をみたり、容量の大きいファイルをアップロードやダウンロードするなどの使い方では通信制限が無制限のプランを利用するべきかもしれません。もちろん通信制限があるプランよりも割高になりますが、1ヶ月当り5、000円を切るプランが多くなっています。将来的にも割安になる可能性もあり、将来的にもお得なサービスが登場する期待感があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *