無線LANと料金との関係

スマホやタブレットのようにモバイル機器の場合、インターネットプロバイダーとの契約になります。

基地局までの電波接続になりますので、モバイル契約とインターネット接続契約です。モバイル契約は無線LANルータがあれば、モバイル契約は要りません。PCの多くの場合は職場まで光回線がありONU(OpticalNetworkUnitの略で、光回線終端装置)を経由してルータを接続し、ルータに無線LAN機能があるのが一般的です。

その場合にはモバイル契約は不要です。インターネット料金は定額料金ですが、モバイル料金は局までの電波状況などにより転送が輻輳すると遅くなったりするので、データ量によって制限したり料金がかかることもあります。Bフレッツ(BFLet’sの訳で、Let’sはそのままでFはFlat(定額)やFriendlyのようなFの様)では100Mbpsまたは1Gbpsの光ファイバーで送受信していますが、次世代のNGN(NextGenerationNetworkの略で、次世代ネットワークの意)に移行しつつあります。

名称はフレッツ光ネクストです。無線LANは無線通信ですので、無線での最大の心配は無線傍受されることです。クラッキング(Crackingの訳で、悪さをするの意)を防止するためAES(AdvancedEmcryptionStandardの略で、先進暗号化標準の意)を採用し、安易に解読出来ない様にしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *